FC2ブログ

斉藤ひろし 『脱力日記』

映画脚本家 斉藤ひろしのブログ, 主に愚痴と雑談

「イングロリアス・バスターズ」

「イングロリアス・バスターズ」を見たよ。
面白かった。

で、
この映画に、一頃、日本のテレビによく出てたフランスのタレントのジュリー・ドレフュスがちょこっとで出てて(そういえば『キル・ビル』にも出てた)、
僕、96年のゆうばり映画祭で彼女を何度か間近で見たんだけど(ホテルの部屋が隣だった)、

実は、彼女のことで凄く印象に残ってることがあるんだ。
映画祭は真冬に開催されててね、彼女、風邪引いててさ、映画の上映中に凄い音で鼻をかみ続けてたの(笑) もう、会場全体に響き渡るくらいの音で、上映中、ずっと!

西洋人って、ゲップとか、食事の時に音をたてて啜るのとかには凄く厳しいけど、デカイ音をたてて鼻をかむのはマナー違反じゃないんだよね。むしろ、“鼻を啜る”という行為、“鼻を啜る音”というのは許せないみたいね。だから、日本の電車の中で冬にみんなが鼻を啜ってるのを見ると彼らは気が狂いそうになるらしい。

でもさ、いくら西洋社会でマナーに反しないからといって、これみよがしにデカイ音をたてて鼻をかむというのはいかがなものでしょうか、みなさん。
しかも映画の上映中だよ。気を遣って、少しでも音をたてないように鼻をかむこともできるんじゃないかなぁ……。

ま、文化の違いってことで。
これ以上言うと、いろいろ差し障りがあると思うから(笑)

かさねていうけど、ジュリー・ドレフュスの悪口じゃないよ。あくまで文化の違いについての話だから。

世の中、いろいろです、はい。


  1. 2009/11/29(日) 02:10:50|
  2. 映画・ドラマ
  3. | コメント:0