FC2ブログ

斉藤ひろし 『脱力日記』

映画脚本家 斉藤ひろしのブログ, 主に愚痴と雑談

大勝軒 もりそば

ちょっと前の話だけど、「餃子」の記事のコメントで教えていただいた、世田谷の東京餃子楼に行ってきたよ。

安くておいしかったっす。

で、冷凍生ギョーザも持ち帰りて買ってきたんだけど、今日の夜はそれを焼いて食べてみた。(すげえなオレ、毎日餃子食ってる 笑)


餃子


ギョーザといえば、ラーメンがつきもの。

ってわけでセブンイレブンの冷凍コーナーにあった「大勝軒のもりそば」を買ってきた。
この手の「お店の味をそのままに」ってのは、あんまり期待してないんだけど、


大勝軒



これは、

うまかったっす!

麺もコシがあってヴォリュームも満点。
スープの量も十分で、和風だしが効いており、コクがあって、これで180円は安いっ!

冷蔵庫にあったネギとメンマも入れてスープをぐらぐらに熱くしていただきました。


もりそば


実は、行列に並ぶのがイヤで、池袋の大勝軒って行ったことがなかったんだけど、結構、オレ好みの味だったのかも……



餃子大好きのワタクシですので、

くだんのコメントで教えてもらった足立区にある珍来、沼津の中央軒にも今度行ってみようと思います。




  1. 2010/04/29(木) 01:15:46|
  2. 雑談
  3. | コメント:1

峰岸徹さん

土曜には結構熱がでて、弱音を吐いてしまいましたが、

咳はひどいものの、なんとか悪化せずに持ちこたえてます。

今日も、夕飯は豚丼と餃子、ヨーグルト、ヤクルト、プリン、グレープフルーツ、&お煎餅、食べました。(食いすぎかな)

僕、結構具合悪くても、食い意地が張ってるせいか、メシだけは食べられるのよ(笑)


で、メシ食いながらテレビつけたら「おくりびと」やってて、早く寝なきゃと思いながらついつい最後まで見ちゃった。

狭い業界だから、滝田さんやプロデューサー、スタッフの人たちはもちろん良く知ってる人が多いんだけど、

考えてみたら、この映画に出てる役者さんたちとも僕結構、お仕事ご一緒させてもらってるんだよね。

モッくん、広末、杉本哲太さん、橘ユキコさん、小柳友貴美さん、とかね。



で、今日のタイトルの峰岸徹さんの話。


この映画で、出番は少ないけど重要な役で登場してたね。

この手のキャスティングはすごく大事なんだ。顔だけで語れる人じゃないといけないから。



もう15年くらい前かな。

実は作品としては結実しなかったんだけど、峰岸さんとYさんってプロデューサーがある映画を企画しててね、そのホンを僕が書いたの。

で、何度かお会いしたんだけど、とてもフランクで感じのいい人でさ。

芸能人っぽくないっていうか。

たとえば、役者さんの中には、食事に行くときもなるべく人目につきたくないから個室で食べたり、ジロジロ見られるのが嫌だから電車に乗らないとか、表歩く時にキャップにメガネで変装するような人もいるんだけど(実はそれって却って目立つんだけどね 笑)

なんていうか、究極の自然体。

役者さんと会うっていうと、ちょっと隠れ家的なお店とか、高級ホテルのラウンジとかなんだけど、

「渋谷駅の改札とかでいい」

って感じなの(笑)

で、プロデューサーが、少しイイお店まで移動してメシでも、って言っても、

「この辺のラーメン屋でいい」

って(笑)

餃子でビールのみながら、ひたすら映画の話をしたんだ。


その後、Yさんがらみの集まりで、何度かお会いしたかな。


で、僕がようやくホンを仕上げた後、

Yさんと峰岸さんも親しいミッキー・カーチス(歌手兼俳優だけど、一応、立川談志一門のミッキー亭カーチスでもある)さんの落語会&食事会が下町の古い料理屋の大広間であって、

僕とカミサンも呼んでもらい、出かけたんだ。

その帰り、

峰岸さんが、なんの前フリもなく、

「面白かったよ」

といったので、僕はてっきりミッキーさんの落語のことかと思って、

「はい。そうっすね」

って答えたんだけど、

峰岸さんは僕のホンのことをホメてくれたんだよね(笑)

顔から火が出る思いで、

「あ、いや、恐縮です!」


帰り、僕とカミサンと峰岸さんが三人とも渋谷方面だったんで、

三人で地下鉄に乗って、おしゃべりしながら帰ったの。

うちのカミサンは落研出身だったからミッキーさんの落語に関してはやんわり、注文をつけてたな(笑)

峰岸さんは笑って聞いていた。

知り合いヅラするほど親しかったわけじゃないけど、僕たちは峰岸さんの大ファンになった。


峰岸徹さん、そして同じく「おくりびと」に出ていた山田辰夫さん、もっともっと沢山映画に出て欲しかったね。ご本人たちもそう思ってたはずだよ。
惜しい。惜しすぎる。


「おくりびと」のラストを見ていて、うちら夫婦と峰岸さん、三人で地下鉄でおしゃべりしながら帰った時のことを思い出した。


その峰岸さんも、うちの妻も、もういない。



  1. 2010/04/27(火) 00:57:08|
  2. 俳優
  3. | コメント:2

ベルグの4月

今朝起きたら、熱が7度台まで下がってた。

久々にいい天気で、暖かい。

出かけたいなぁ。

でも、こんなときこそ油断は禁物!

家で大人しくしていなくてはいけない!

ぶり返したら元も子もないからね!

でも……いい子にしていられるくらいなら、もっとまともな人生歩んでますよ!

第一、何か食べないと風邪のウイルスも退治できないしね。

というわけで、「いい人サイトーさん」としては他人に感染すといけないので、ユニチャームのウイルスブロックというノーズフィット付き超高級?マスクをして、ポンコツ車で自宅を発進っ!

とりあえず、今食べたいものを買おう。

というわで、禁酒以来女子化している私が向かったのが「ベルグの4月」というケーキ屋さん。

カミサンも好きだったお店。

昔は店内でお茶もできたけど、今は調理スペースを広げためか、飲食はできない。
いつ行っても込んでます。

店内は列を作るスペースもないのですが、お上品なお客さんたちばかりで、「我先に」と注文する人もなく、譲り合いの精神であふれた平和空間であります。

一個にしとこう、と思いましたが、誘惑に勝てず二個注文。

家に帰り、秒殺で完食、パン屋で仕入れた料理パン3個と昨日のカレーの残りも食べました。

調子こいてると、風邪だけでなく、またお腹をこわしてしまいそうです。


ベルグの4月



  1. 2010/04/25(日) 18:46:04|
  2. 雑談
  3. | コメント:1

風邪

とうとう引いてしまった……

一旦ひいてしまうと、いつも重くなるので、絶対に風邪引かないぞと気合を入れて冬を乗り切ったと思ったら今頃。

異常気象のやつめィ!


喉だけの軽い風邪だと思っていたのが……うううっ、遂に高熱がっ

全く油断してなかったんですが、流行りのヤツをどっかで貰っちゃったみたいです。

みなさんも、気をつけましょうね。

とりあえず今日は風呂、やめとこう……(メシと風呂だけが人生の楽しみなのに 涙)

LDKが一階、寝室が二階なので、階段の上り下りだけで息が上がるぅ。これだから豪邸(プッ)の一人暮らしは不便なのよ。

いいトシして情けないけど、正直、心細いっす。

と言いながら、こうしてブログで必死にみなさんの同情を買おうとする余裕があるんだから、まだ、大丈夫か……



そういえば、このあいだ、ある50代独身監督も言ってたな。

「サイトーくん寂しいんだって? うちの近所に越してくれば? これからはお互いトシとるし、何かあったときのためにも、オレら独身者は、みんなで連携していかないとネ!」

だって(笑)


呼吸がヒューヒュー言い出して来たんで、寝ます。




  1. 2010/04/24(土) 23:09:05|
  2. 雑談
  3. | コメント:0

ゴチになります

なるべく頻繁に更新しようと思うんだけど、

打ち合わせ、仕事、打ち合わせ、仕事、メシ、風呂、寝る

の毎日で、これと言って書くネタもないんだよね(笑)


今、進めてる映画の企画が大まかにいって10本ほど、

そのうち、追い込みをかけられて尻に火がついてるのが3本ほどあるんだけど(あとの7本はテキトーってわけじゃないっす 笑)

どれも製作発表があるまでは、暗黙の守秘義務があるし、

第一、映画の場合、オール頓挫って可能性も十分あるんで、中身に関しては書けないしなぁ。


せめて、食べたものの写メでもアップしようと思って、

ちょうど昨日某局で打ち合わせ後、プロデューサーがメシに誘ってくれて、

「何が食いたい?」

って聞くから、

全身が見栄でできているワタクシは、

「写メを撮ってプログにアップするから、その際に見栄えのするもの!」

ってことで、しゃぶしゃぶ屋に入ったの。

で、最初から自分で払うつもりがないから、席に着くなり店のオネエさんに、

「一番高いコースね!」

と注文。

ところが、大皿にのったA5ランクの牛肉が運ばれて来た時点で、戦闘モードに入ってしまい、気づいたら、

またも、

完食してた……orz

その日食べたものをキチンと写真にとってアップするブロガー、あんたら、すげえよ、尊敬するよ。


しかし、

よく、相撲取りの「ごっつあん」体質、なんて揶揄されるけど、

監督とか脚本家も、プロデューサーと一緒にメシに行くときは、

当然のようにゴチになっちゃうんだよね。

プロデューサーが払うもの、みたいな風潮があって、

これは、

いかんですよ!


大人なんだから、たまには、っていうか、積極的に払うくらいの気概がないとね。

僕もかれこれ二十年以上、

今度こそ自分が払おう! そして、男を上げよう!

そう思い続けて、いまだに、払ったことがない……

身に染み付いた習慣というものは、恐ろしいものです。


これって、人間として、どうよ。



……えー、あまりにしょうもない記事なんで、

最後に、

記事とまったく無関係な、

シャーペンの芯を狂ったようにナメるわーちゃんの写真をアップしときます。


カワイイぞぉ!




わーちゃん




  1. 2010/04/22(木) 00:00:17|
  2. 雑談
  3. | コメント:0

ルパン・反省

「モツバーガー」の記事で写メをアップした、

神楽坂の「ルパン・反省」ってお店についてコメントいただいて、

ここって女優で、故古尾谷雅人さんの奥様・鹿沼えりさんのお店だったんですね。

知る人ぞ知るお店だそうで、恥ずかしながら存じ上げませんでした。

鹿沼えりさんの作品、観てました。

いっぱしのホン屋を目指していたあの頃の思い出が……昨日のことのように甦ってきましたよ。
全然食えなくて、ドス黒い目黒川沿いの東洋現像所(現イマジカ)でフルタイムで働いていた日々。先行き未確定のまま、カミサンとの結婚に踏み切れずにいた頃……。


話がまた、脱線していくけど……

僕はプロットライターをしていた二十代の頃、にっかつの企画部の方に可愛がっていただいてて、「なんとかにっかつロマンポルノのホンを書けないだろうか、もし一本でも書かせて貰えたらそれでもう死んでも悔いはない」くらいに思ってたんだよね。

今こうして映画を書いて食べていけてるのが自分でも信じられない。

前にも同じようなことを書いたかもしれないけど、

これも、あきらめずに続けていたからだと思う。
(ま、あきらめて他の仕事をしていたら、もしかしてそっちで成功して大もうけしていたかもしれないけど……笑)

僕みたいに怠惰な人間でも、続けてるうちに何度かチャンスってめぐってくるもんなんだよね、
僕はそう信じてる。

だって、頭悪い、教養ない、作文苦手、国語の成績はサイテーの人間がこうして文字を書いて食べてる……これはもう、
「とりあえず、続けてたから」
これしかない、よ。

この仕事で食べてる同業者も大抵みんなそう言うよ。

「みんな、こんな不安定な仕事に見切りをつけて去っていった。自分は、たいした努力はしてないが、とりあえず愚鈍に続けてた。それだけ」

人間の脳って年取ると衰えていくものだけど、
絵画とか文章の道に限って言うと、
トシとってからブレイクする可能性ってデカイらしいよ。
70、80からでも遅くないんだって。

だから、オレもまだ、これといって何もなしとげてないけど、
この先、何かいいものが書けるかもしれないって思うんだよね。
脚本でもいいし、小説でもいいんだけど。

いや、ホント、

オレの物書きとしての人生は、


まだ何も始まってませんよ。


  1. 2010/04/19(月) 00:47:14|
  2. 映画・ドラマ
  3. | コメント:0

マイク・リー

ケン・ローチで思い出したけど、

以前、イギリス人と映画の話をしてて、

「イギリスの映画監督っていうと、やっぱケン・ローチとかマイク・リーとかが日本の映画ファンには有名なんだけど」って話をしたら、

彼が、

「ああ、ああいうのは見ない。だって、イギリスに帰ってテレビつけると、似たようなビンボー人の暗いドラマを一杯やってて、気が滅入るんだよね」

だって。

確かに、そうかもしれないね……。日本の映画ファンは異常にああいうのを有難がるけど(笑)

あと、ケン・ローチっていうと数年前の「麦の穂を揺らす風」ってシリアスな映画があったけど、
ケンちゃんがカンヌでパルムドール貰ってガッツポーズ作ってる写真とかみると、
なんか、がっかりするね(笑)
ま、喜んで悪いってわけじゃないんだけど……

  1. 2010/04/15(木) 15:25:20|
  2. 映画・ドラマ
  3. | コメント:0

ケン・ローチ


人間、年をとるといろいろトンマなことをやらかしますが……


「ケス」っていう昔のイギリス映画を見返してみようと思って、アマゾンでビデオを買ったの。
送料込みで4000円くらいかな。


ケス


で、それが届いて仕事部屋で封を開けて……

ふと、机の脇のビデオの棚をみたら、昔NHKかなんかでやってたのをダビングしたテープがあるじゃありませんか。

しかも一番目に付く場所に……


ケス テープ


トホホ……


4000円あったらモスバーガー十個食べてお釣りが来るじゃん。






  1. 2010/04/15(木) 15:16:07|
  2. 映画・ドラマ
  3. | コメント:1

ホルモンしばうら

「カンガルーの国から来た男」の記事でも登場したアレックスと、

今日は、武蔵新城の「ホルモンしばうら」に行ってきました。


実は、いつも覗いている知り合いのブログに、
武蔵小山の「ホルモンしばうら」のことが載ってて、
その本店がうちの近所にあるっていうじゃないですか。

で、ホルモン好きの僕は早速アレックスを誘っていってみたんだけど、

この店が、

大正解!

安くてうまい! 

和牛ホルモンはもちろん、キムチもグッド!

店内はこれぞホルモン屋って雰囲気で、それでいて清潔、マスターも親切。

ただ、食べるのとオシャベリに忙しくて、またしても写メを撮るのを忘れてしまった。

ブロガー失格っす。

でも一応、食べかけの皿でゴメンだけどアップします。

まず、本日のホルモン盛り合わせ。
和牛ホルモンとハツ、鶏。

そして、マスターオススメの新鮮なイチボもいただきましたが、
写真とるまえに完食してました……orz


horumon


そして、これまたマスターオススメのせんまいの刺身。
普通、黒っぽいけど、丁寧に洗ってあるので美しい白いせんまい刺です。

甘辛酸っぱいゴマ味噌?ダレでいただきましたが、旨かったですよ、マスター!


senmai


これが、アレックス。

実物は写真より全然若いです。


alex


彼が古書のコレクターだってことは前に書いたけど、

とうとう趣味で古写真ディーラーをネットで始めたそうです。

興味のある人は「古写真.jp」
http://www.koshashin.jp/
を覗いてみてね。

アレックス夫婦は、うちにも遊びにきたことがあるから、ウチのカミサンのことなどを話したり、
ほかにもいろいろ面白い話を聞いたりしたけど、
ブログには書けない内容で……



そして……

今日は約半年ぶりにアルコールを自主解禁してしまいました。

といっても生ビールとレモンサワーを一杯ずつね。

久々だから酔いが回るかと思ったら、そうでもなかった。

次回は、マッコリを飲んじゃおうっかな。

ようやく正常値に戻ったガンマGTPが上がっていないことを祈りつつ、

気持ちの良い夜風に吹かれて歩いて帰宅しました。



  1. 2010/04/11(日) 20:51:50|
  2. 雑談
  3. | コメント:0

斉藤ひろしのシナリオ教室

編集者のYさんから電話があって、

「斉藤ひろしのシナリオ教室」の大量?増刷が決まったそうです。

三刷です。

なにからなにまで右肩下がりのこのご時世で、このホンは何故か右肩上がりでジリジリと売り上げを伸ばしているそうです。

なぜなんだろう(笑) 理由は僕にもわかりましぇん。


ちなみに、この本のタイトルもYさんがつけてくれたんですよね。

「有名でもない奴が自分の名前を本のタイトルにつけていいんだろうか。ヒンシュクじゃなかろうか」と最初は迷いましたが、根が自己主張の強い私ですから、ま、いっか、と。

一応、シナリオ指南書の体裁をとってますが、
ほとんどエッセイみたいなもんなんで、読みやすいとは思います。

ですから、
まだ読んでないあなた、
僕とYさんを助けると思って、

買ってね~

ヨロピク



  1. 2010/04/10(土) 03:33:05|
  2. 仕事
  3. | コメント:3
次のページ

FC2Ad