FC2ブログ

斉藤ひろし 『脱力日記』

映画脚本家 斉藤ひろしのブログ, 主に愚痴と雑談

台風

昨日はテレビやラジオで
『夜にかけてものすごい風雨になるから出かけない方が良い』
と繰り返し言ってたけど、
結局、来なかったね、関東地方には、台風。

昨日は仲間の集まりがあった。
夕方家を出て、でもなんか寒気がして頭痛までしてきたから、途中で家に戻ってしまった。「冷たい雨風にさらされて熱でも出したら、オレは孤独死まっしぐら……」
去年、身体を冷やして体調を壊したことがあったんで、つい二の足を踏んでしまったんだな。

「いけなくてゴメン」の電話を入れたら、すでに店で盛り上がっている還暦越えのメンバーから、

「台風だからこそ、来るんじゃねえか! 若い奴は根性が無えな」

と失笑されてしまった。

結局、寒気と頭痛も一時的なもので、
夜9時を回ったら表の風雨もすっかり収まっていた……。

メンバーにはスゴく会いたかったんで、猛烈に後悔した。

“絶対に当らない最近の天気予報”を一瞬でも信じた自分、そして守りに入っている自分に、腹が立ってしようがない。


ってことで、本日も天気よくないですけど、

歩行者天国へナンパに行ってきます。

  1. 2010/10/31(日) 12:24:39|
  2. 雑談
  3. | コメント:2

ちっちぇオトコです

いつも行くスーパーでのこと。

清水の舞台から飛び降りたつもりで、

780円のぶどう(巨峰)をワンパック買った。

会計を済ませて、ふとレジ前の棚を見ると……

僕が買ったのより、ずっと新鮮で美味そうなセール品の巨峰が、

480円で売っていた。

怒りを通り越して、

泣いてしまった。



  1. 2010/10/25(月) 00:25:09|
  2. 雑談
  3. | コメント:0

寂しがり屋のオッサン

今日は、誰とも会話しなかった。(あ、いや、正確に言うと、ご近所と『こんにちわ』の挨拶くらいは、した)

独り身のオッサンだから当然なのかもしれないが……

夜空に向かって、

さみしいよぉぉぉぉっ! だれか助けてぇ~!

と叫びたくなります。



管理人Mとか、身内とかに、

『オマエのブログ、覗いてくれてる人も少ないんだろうが……それにしてもコメント少なすぎるなぁ』

と、言われます。


ブログを始めるときに、なんとなく、

『コメントにはいちいちレスポンスしなくてもいいかな』なんて不遜にも決めてしまい、

レスしないから、コメントも入らなくなったのか……

でも、コメント貰うと、滂沱の涙を流すほど嬉しいんです。


で……

人から貰うことばかり期待してはいけないと、

いつも覗いている知人たちのブログにコメント入れようとしたのですが、

マイPCのウィルスソフトの設定をヘンなふうに更新したせいか、コメント入れられない。

にっちもさっちも、ですわ。


あ、

『拍手』のとこをクリックしてくれるみなさん、ありがとうございます(またまた滂沱の涙)

  1. 2010/10/24(日) 00:53:14|
  2. 雑談
  3. | コメント:0

有名人との遭遇

昨日今日と、街で有名人と遭遇した。(仕事で俳優とかに会ったりする時は、なぜかミーハー的な感興は全く沸かないんだけどね)


昨日はファミレスで隣のテーブルに超有名子役くんがいて、
じろじろ見ないように、会話に耳をそばだてたりしないように、必死だった。
ヘタすると孫みたいな年の彼を意識して、オレは何故かとてもアガッテ(緊張して)いた。

今日は、雑踏の中でボクシング現役世界チャンプに遭遇!
思わずその背中を追いかけてしまい、
『写メとらせてくださいっ。ブログに載せたいんで』
と頼もうかと思ったが、
思いとどまった。

有名人に遭遇しても、見てみないフリをする、
それがマナーだと思っているから。

まあ、時と場所によっては、声をかけてもいい場合もあるだろうが。
ジョディ・フォスターが昔、『ぜんぜん気づかれないのもさみしい』なんて言ってたしね。

距離のとりかたって、ムズカシイ。

  1. 2010/10/24(日) 00:30:18|
  2. 雑談
  3. | コメント:0

雨が怖くて

今日は六本木までマスコミ試写会ってやつに言ってきた。
マスコミじゃない僕は、試写会ではなんかいつも肩身がせまい。

何を観たかって? まあそれは置いとこう。


天気予報では、夕方から雨で寒くなる、っていうんでトレーナーの上に更に薄手のカジュアルコート羽織ってでかけたんだけど、
街はTシャツ一枚の人も結構いるくらいで、暑っ。
でも試写会場はエアコンきいてて、寒っ。

去年の秋、今日みたいな日に着るといい革ジャンと超軽いスエードのコート、一着ずつ買ったんだけど、
どっちも買うときにお店の人から
『いいものだから、くれぐれも濡らさないように!』
って言われて……

雨が怖くて、いまだに着て出たことがない。

着ろよ!

アホか、オレ……

  1. 2010/10/19(火) 23:39:24|
  2. 雑談
  3. | コメント:0

胡蝶の夢

今日は鎌倉へカミサンの墓参りに行ってきた。


江ノ電


墓を拭いていると足元で何かがひらひらしている。

シジミ蝶だった。


シジミ


花の香りに誘われて来たな……

でも、シジミは「花が目当てじゃないよ」と言わんばかりに墓石にとまって羽を開いたり閉じたりしている。

墓石に溶け込むシジミ


やがて、供えた花から美味そうに蜜を吸い始めた。


蜜を美味しそうに吸うシジミ



たまにブログを覗いてくれる近しい人たちが、

「ずいぶん気楽に楽しくやっているじゃないか。うらやましいよ」

と言ってくる。



勝手気ままに、やっていますよ。



シジミを見ていて『胡蝶の夢』という中国の故事を思い出した。

紀元前4世紀、宋国に生まれた思想家・荘周(荘子)の話だ。



むかし、荘周が蝶になった夢を見た。

とても楽しくて、思いのままにひらひらと飛んで、 自分が荘周だということを忘れていた。

そして、ふと目覚めると、キョロキョロしてびっくりしている自分がいた。

いったい、荘周が夢の中で蝶になったのか、蝶が夢の中で荘周になったのか、なにがなんだかさっぱり分からなくなっている。

そもそも、荘周と蝶ははっきり区別があるはずだ。それが、どうも区別ができないというのである。


――これが、『胡蝶の夢』というお話。




この荘周という人物については、別の逸話がある――



荘周の妻が死んだので友達の恵子(けいし)がおとむらいに来た。

見ると、荘周は両足を投げ出して座り、酒壷を叩きながら歌っていた。

「奥さんが死んで泣かないのはまだしも、酒壷を叩いて歌うとは」と恵子が呆れると、

荘周は言った。

「天地が分かれてこの世が出来て、初めての死というのなら私だって感ずるところがある。
 
 だが、元来は生命もなく、形もなく、そのもとになる『気』もなかった。
 
 ぼんやりとした混沌の中で混じりあっている内に『気』が生じ、
 
 それが形に、そして生命になったのだ。四季の変化と同じじゃないか。
 
 妻は、また元に戻って天地という巨大な部屋の中で眠っているのさ」







  1. 2010/10/16(土) 20:25:40|
  2. 雑談
  3. | コメント:2

四谷 鈴伝(鈴傳)

今日は一人、取材で四谷三丁目にある消防博物館へ行った。

けど、

休館日だった……。間抜けすぎる。ちゃんと調べてから来んかい、アホンダラ。


さてさてどうしよう。

この近くには知り合いの某カントクの事務所があるので、電話したら、

「五時過ぎなら空いてるよ」

というので、某配給会社の社長とも合流して、

四谷の立ち飲み、鈴伝へ行った。


鈴伝


ここは僕は初めてだったけど、スバラシイお店でした。いわゆる角打ち(かくうち)ってやつですね。 創業はペリーが来航した嘉永4年(1851)より2年前だそうです。

カウンターのケースには美味そうな肴が並び、すべてキャッシュオンデリバリー。


立ち飲み


マカロニサラダ、刺盛り、焼きナスをアテにビールで喉を潤し、言いたい放題の業界話。
具体的な内容は書けない。オレは干されてもいいけど、お二人にはご家族もいらっしゃるので。

6時を過ぎると、一気に混んでくる。長居は野暮だ、というわけで秋田料理の居酒屋・太平山総本店へ移動。
お二人は日本酒。
酒が弱いボクは焼酎のお湯割りをちびりちびりと飲みながら、食べる方に集中。
写メ撮るのは忘れました。けど、料理はどれも美味かったです。


ボクが例のごとく「ガールフレンドが欲しい。でも出来ない」と嘆くと、

監督「サイトーさん、フィリピンに行きましょう!」
俺「フィリ……?」
社長「フィリピンの女には、 があるんですよ!」
監督「そう、カノジョたちには日本の女が忘れてしまった優しさがある。たぶん、クリスチャンだからかな、うん」
社長「ああ日本酒は、キクーっ!」
俺「……」
監督「十万円あれば、一家全員が一年食っていけます、フィリピンは」
俺「一家全員……?」
社長「カノジョとカノジョの家族一家全員って意味ですよ」
監督「俺らみたいなビンボー人でも、十分彼女らを養えます。今から子供作ってもいいじゃないですか、民族の枠を超えて」
社長「イイこと言った。アレキサンダー大王以来のイイこと言った」

俺「ちょっと待って。俺の人生プランを聞いてください。
日本の若くてカワイイ役者志望(でも業界事情には疎い)の女の子を
『オレ、金持ちの売れっ子脚本家なんだ』
って嘘ついて騙す。
そして、ある段階で
『実は金もないし、先も見えてる落ち目のライターだ』
と真実を打ち明ける。
でも、もう相手も俺に情が移っているから仕方なく俺の面倒を見てくれる
――それが、この先の俺の人生設計なんですけど」

社長「そんなまどろっこしいことやってるうちに冥土からお迎えが来ちまうぜ!」
監督「だから、俺がフィリピンにツアーを組みますよ。このメンバーで行きましょう。あっちへ行ってからのシステムについては、まかせてくださいっ」
俺「システム……」
社長「ああ、久しぶりの日本酒、キクーっ!」


今日はボクが誘ったので、払おうとしたけど、結局社長にゴチになってしまった……

監督「サイトーさん気を遣わないでいいよ。俺だって今、3百円しか持ってないし」
社長「クリエーターは天然記念物だから」
監督「俺たちは、トキなんですよ」
社長「そう。トキが飲み屋で会計したら変でしょ」

シャチョウ、なんて大きな人なんだ。

この社長には、ほんの時たまお会いするのだが、考えたら昔から奢ってもらってばかりいる。
いつか、恩返しせんといかんなぁ。




  1. 2010/10/13(水) 03:32:08|
  2. 雑談
  3. | コメント:0

チコちゃんで~す

うちのご近所はみなさんニャンコ好きです。


この方は、通りを挟んだ二軒隣のチコちゃん(オス)です。

奥様が抱っこして表へ出てきたところをパチリ。

大人しくて毛並みがよくて、性格が良いです。

そして立派なお髭です。


チコちゃん オス


そうだ、ご近所のニャンコ先生たちも全員カワイイのでその写真も、随時アップしていこうかな。

  1. 2010/10/07(木) 20:32:24|
  2. 雑談
  3. | コメント:0

WiMAX




今頃?ですが、

出先で調べ物がカンタンにできるよう、モバイル環境を整えた。(オッサンは携帯のボタンをプチプチするのが面倒なのよ)

だが……

案の定、

ヒョードルやマニー・パッキャオの動画ばかり見てしまい、創作活動どころじゃない。


  1. 2010/10/07(木) 20:09:11|
  2. 映画・ドラマ
  3. | コメント:0

コシヒカリ

阿部寛さんからコシヒカリを頂いた。


阿部さんいつもありがとうございます


超美味です。


いつもスンマセン。


しばらくこれで生き延びます。


お米ってホント、助かるわぁ。

  1. 2010/10/07(木) 13:32:18|
  2. 雑談
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad