FC2ブログ

斉藤ひろし 『脱力日記』

映画脚本家 斉藤ひろしのブログ, 主に愚痴と雑談

ハリーとトント

スーパーの駐車場で、

ミニバンの車内で買主を待つニャンコを発見。首輪をして、キレイな猫だから、可愛がられているのだろう。

「ハリーとトント」という映画があって、ちょっと物悲しい話だけどいい作品だった。

老主人公ハリーの相棒猫がトント。

トントも、車のダッシュボードの上で大人しくしながら、ハリーと旅をしていた。


ニャンコ

  1. 2011/01/15(土) 12:46:21|
  2. 雑談
  3. | コメント:2

続・ポンコツ

昨日、渋谷で某プロデューサーとミーティングがあったのだが、
お互い、
映画の題名やら役者の名前やらが、なかなかスッと出てこない。

「えっと、なんだっけあのタイトル」
「アレでしょ」
「そう、アレ」
「あいつ、なんて名前だっけ、アノ映画に出てたホラ」
「アイツでしょ」
「そう、アイツ」

そのプロデューサーはまだ三十台半ばだが、50過ぎのオレと、いい勝負だ。
そういう意味で、
好感の持てる人物である。


ポンコツおっさんからみて好感度の高い人物とは――

オシッコが近いので上映時間が2時間を越える映画はキツイという奴。
子供に「お父さんは臭い」と言われている奴。
自分の眉毛に、太くて長い毛が混じっているのに気付いてハッとする奴。
キレイな若いコと話していて一瞬トキめくが「所詮自分はゾーンから外れているんだからバカな夢を見ちゃいかん」と勝手に気持ちが萎える奴。
まだ40になったばかりなのにもう老眼がキテる奴。

――皆、好感が持てる。

同世代や自分より若い奴の衰えを見て安心する、というセコイ気持ちがあるのかもしれないが、
どちらかというと、
いい感じにガタがきてる者同士としての共感に近いかな。

オレたちは、仲間だぜ。ってね。


(追記: そのプロデューサーがガタがきてる人、っていう意味じゃないッス。万が一、読んでたらスンマセン)

  1. 2011/01/15(土) 02:42:48|
  2. 雑談
  3. | コメント:2