斉藤ひろし 『脱力日記』

映画脚本家 斉藤ひろしのブログ, 主に愚痴と雑談

持つべきものは友

ヒート

相棒のアレックスと、

これから、でかい山を踏みます。

  1. 2016/10/25(火) 23:20:37|
  2. 雑談
  3. | コメント:0

秋刀魚






元住吉ブレーメン通りで買った鮑、五百円なり。一つは刺身、一つは焼きで。

このさんま、ほんとに刀みたいな秋刀魚だな。
秋刀魚は飽きないなぁ。

斉藤ひろし
iPhoneから送信
  1. 2016/10/24(月) 07:43:26|
  2. 映画・ドラマ
  3. | コメント:0

平幹二朗さん

平幹二朗さんが亡くなられた。
ショックだ。
僕の世代ではやはり「国盗り物語」かな。築地本願寺で観た「オイディプス王」も忘れられない。

平さんとは二十年前に僕の原案&脚本作「シャ乱Qの演歌の花道」でご一緒している。演歌の大御所を演じていただく為にパンチパーマになっていただいた。
この映画には僕も出演していて、ある日、僕は二日酔いで現場に大遅刻し、平さんを待たせるという万死に値する失態を犯した。
スタッフが顔面蒼白のなか、平さんはニコニコと「大丈夫ですよ」と優しく声をかけてくださった。
神様のような人だ、と思った。

180センチを超える偉丈夫で、とてつもないオーラを放っておられるのだが、決して近寄りがたいという雰囲気ではない……嗚呼、今にして思えば、夢のような時間だったな。

ご冥福をお祈りします。

  1. 2016/10/24(月) 00:42:09|
  2. 映画・ドラマ
  3. | コメント:0

人生=映画

他人に職業を聞かれた時はとりあえず「極道者です」と答えることにしているのだが、

どうかして「脚本家です」なんて答えなくてはいけない時もある。

相手がご高齢の方だったりした場合、かなりの確率で「私の人生は映画になりますよ」と大真面目に言われるのだが、

こちらはなんとも答えようもなく、

「映画になんかしなくたって、あなたの人生は唯一無二の素晴らしく価値のあるものですよ」

なんてニュアンスのことを言うわけだけど、

これはこれで、ちょっと上から目線の受け答えみたいで申し訳ない感じになる。

まあ人間だれしも、自分の話を聞いてもらいたいんだよなぁ。俺でさえ、自分のしょうもない人生を語りたいときもあるからね。


  1. 2016/10/22(土) 16:21:14|
  2. 映画・ドラマ
  3. | コメント:0

キセキ ―あの日のソビト―

キセキ あの日のソビト


本日、内覧試写。

本当に、いい映画になった。この作品に参加できて、とても誇らしい気持ち。小池P、兼重監督、スタッフキャストのみなさん、お疲れさまです!ありがとう! 

1月28日、全国公開。

キセキ ―あの日のソビト―
ホームページ ↓
キセキ ―あの日のソビト―
  1. 2016/10/08(土) 00:45:07|
  2. 映画・ドラマ
  3. | コメント:2

松茸ごはん




松茸ごはん、作ったどー。引退したら、マジで店やろうと思ってます。

斉藤ひろし
iPhoneから送信
  1. 2016/10/07(金) 23:55:07|
  2. 映画・ドラマ
  3. | コメント:0

FC2Ad