斉藤ひろし 『脱力日記』

映画脚本家 斉藤ひろしのブログ, 主に愚痴と雑談

五十肩




左腕が上がる!
1年近く悩まされてきた五十肩がここ数日で劇的に快復。なぜ? 不思議。日頃の行いがいいから? それとも、もうすぐ六十になるから?


斉藤ひろし
iPhoneから送信
  1. 2016/11/27(日) 21:26:09|
  2. 映画・ドラマ
  3. | コメント:0

鎌倉小花寿司


鎌倉 小花寿司。
ゴチになってしまった。
いい年して、永遠の後輩体質というか、奢って貰ってばかり。ダメだよね、スンマセン。

シラス、カワハギ肝和え、コハダ、シメサバ、シマアジ、トリ貝、赤貝、中トロ、紋甲イカを塩と柚子胡椒で、穴子は人生市場最高の美味さ。
白菜ぬか漬け巻き、漬物各種、アラの粕汁。
ぜんぶ、旨かった。
気さくな大将と女将さん息子さん(といってももうベテラン)の三人がとても感じがよかった。
ごちそうさまでした。


※インスタ見た知り合いや身内から「いつも美味しいものばかり食べてえっ、もう!」と言われちゃうけど、普段は基本、超質素なんで、許してよ。

































斉藤ひろし
iPhoneから送信
  1. 2016/11/27(日) 21:22:08|
  2. 映画・ドラマ
  3. | コメント:0

墓参り

姉と墓参りにきた。
その後、ピザ屋で昼メシ。
でも、この直前に浜辺で、姉貴が握ってきたオニギリふたつ食べてるんだよなぁ。
腹の出っぱり方が、やばくなるはずだよ。



















斉藤ひろし
iPhoneから送信
  1. 2016/11/27(日) 21:20:10|
  2. 映画・ドラマ
  3. | コメント:0

劇団立見席 東京公演

下北沢のしもきた空間リバティにて、

劇団立見席の東京公演「ゆふいんイネマツ行進曲」見てきた。

歌あり踊りあり笑いありの楽しい芝居。

立見席はもう35年も続いている湯布院の劇団で、毎年、大分で2公演、東京で2公演が行われていて、
僕もここ5年くらい毎年観てるんだけど、毎回オリジナルのストーリィで、老若男女間違いなく楽しめる舞台です。

今日は俳優の渡辺いっけいさんなんかも観に来てらっしゃいました。

主宰の岩男淳一郎さんは若い頃は東京でつかこうへいさんのもとで芝居をやられていた方で、ご自身も出演されているんだけど、時々テレビドラマなどにも出ていらして、飄々としたキャラクターが持ち味の俳優としても達者な方です。
劇団員もほぼ固定のメンバーで。中には親子二代で出演している人もいて、長く続いている劇団ならではの安定感がありますね。

僕も湯布院には身内がいたり、映画祭で何度も自分の作品を上映してもらったり、第二の故郷みたいな町でね、
熊本地震と同時期に震度6以上の揺れに見舞われて大きな被害がでたんだけど、幸い余震はほとんどないようで、観光客も戻っているようです。
ただ、やはり大きな地震に遭うと、物理的な被害だけでなく、精神的なダメージも大きいから、今年もこうして公演を成功させたのは凄いことだと思います。

来年の公園も楽しみだ。

しかし、下北の再開発、いつまでたっても終わらないね……無理に再開発、しなくてもいいんだけどさ。

  1. 2016/11/20(日) 15:58:47|
  2. 芝居
  3. | コメント:2

やきとん いろり












全部ひとりで食べたわけじゃないよ。

斉藤ひろし
iPhoneから送信
  1. 2016/11/14(月) 15:05:07|
  2. 映画・ドラマ
  3. | コメント:0

オヤジの地鶏




散髪完了。

斉藤ひろし
iPhoneから送信
  1. 2016/11/13(日) 20:52:05|
  2. 映画・ドラマ
  3. | コメント:0

黒沼弘己さん




新宿ゴールデン街劇場に、黒沼弘己さんのひとり芝居を観に行った。高田郁作「ふるさと銀河線ー軌道春秋」の朗読会。寺田英一のギター演奏が素晴らしい。第2部は、、鄭義信作演出の「おいしい餃子の作り方」
人生の苦しみ哀しみ寂寥感、諦念すれすれで、それでも生きていくしかないんだと前を向く主人公のいい顔がラストにみれた観客としての幸福。僕もいつか舞台を書いてみたいな。


斉藤ひろし
iPhoneから送信
  1. 2016/11/13(日) 01:27:04|
  2. 映画・ドラマ
  3. | コメント:0

映画「ロッカーズ」放映

脚本を書いた映画「ロッカーズ」がテレビ放映されます。

11月12日(土) 3:25 ~ 5:00 テレビ朝日

深夜、っつうか朝?なんで、リアルタイムが無理な方は、録画して観てください。

陣内孝則さんが、監督として超一流だということが証明された作品。

当時、観客満足度ランキングベストワン! に輝いた映画です。

中村俊介の突き抜けた演技と歌、ギタリスト役の玉木宏のカッコよさといったらないよ、もう。

他にも玉山鉄二、佐藤隆太、塚本高史、岡田義徳、皆、輝いてます。 そして、チャーミング。

是非っ!

ロッカーズ


  1. 2016/11/08(火) 01:55:16|
  2. 映画・ドラマ
  3. | コメント:0

原田大二郎さん

街で偶然にも俳優の原田大二郎さんにお会いした。

原田さんとは、僕が脚本を書いた本木雅弘さん主演の映画「遊びの時間は終らない」でご一緒させていただいたんだけど、
相変わらずめちゃくちゃダンディでカッコイイ!

原田さんといえば新藤兼人監督の「裸の19才」やテレビドラマ「Gメン75」とか数え切れないほどの代表作があるけど、
「水もれ甲介」や「さよなら・今日は」なんかも毎回見ていたなぁ。


原田大二郎さん


  1. 2016/11/08(火) 01:27:38|
  2. 映画・ドラマ
  3. | コメント:0

FC2Ad