FC2ブログ

斉藤ひろし 『脱力日記』

映画脚本家 斉藤ひろしのブログ, 主に愚痴と雑談

マニー・パッキャオ

WOWOWで録画しておいたボクシング・ウエルター級タイトルマッチを観た。

マニー“パックマン”パッキャオ(フィリピン)がWBOウェルター級王者ミゲール・コットを滅多打ちにして12回TKO勝ち。
鉄壁のガードと強打を誇る王者コットの顔が完全に変形してた。

いやあ、恐れ入ったよ。
オスカー・デラホーヤを破り、リッキー・ハットンを戦慄のKOで葬った時も驚愕したけど、あのミゲール・コットをボコボコにしての勝利だからね。
デラホーヤの6階級制覇やシュガー・レイ・レナードの5階級制覇に並ぶ、いやそれ以上の偉業達成だよ。
だって、パッキャオはフライ級から始めた選手だよ。それがウェルターのチャンピョンになったってことは、9階級をまたにかけて最強を証明したんだからね。

昔、ライト級で敵なしだったアレクシス・アルゲリョが一階級上のジュニアウエルター王者アーロン・プライヤーに挑んで、あえなく散った試合を思い起こしたね。リングにしりもちをついたまま両膝を抱え、どうにもならない悔しさで宙を見つめるアルゲリョの悲しい眼差しが、一階級上が別世界であるという厳しい現実を表していた。
だからあの時、元二階級王者ファイティング原田の偉業の凄さを改めて感じたんだけど、パックマンはなんと実質9階級制覇みたいなもんだからね。

こうなると、フロイド・メイウェザーとの試合が観てみたくなるけど、反則ギリギリで背中を向けて逃げるメイウェザーを追うパックマン。メイウェザーがせこくポイントアウトする、というつまらない展開になるかもね。


  1. 2009/11/16(月) 21:54:45|
  2. 格闘技
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する